November 25, 2009

中学受験

4号の私立中学受験、夏休み明けに本人と塾の先生と話し合いをして、やめることにしました。
そもそも親の私が最後までなにがどうでも・・・という気持ちにならなかったので、それが子供にも影響したのだと思いますが。
塾をやめてから、かなりすっきりした様子で毎日ジャニオタ生活を楽しんでいます(苦笑)。

しかし・・・・私のひそかな野望。もうひとつの数少ないチャンスにだめもとでトライすべきでは?と考え、実行したのが英検2級の受験。英検2級以上の子供に特別枠で入学を許可する都立中学があるのです。
(ネットで見る限り倍率がすごいらしいし、面接の対策もよくわからないので、難しいことに変わりはないのですが)。

そんなわけで英検2級を受験させました。

6年生の4号は1年生の2学期に日本に戻ってきて、帰国してから約5年。ふつうならきれいさっぱり英語を忘れているのが一般的なのですが、ディズニーチャンネル見放題の生活が続いていたおかげで、耳はほぼ完全に残っています。

結果、1次も2次もぎりぎり合格しました。

日本語で説明しても難しいだろうなあと思う長文読解の問題などがあったので、ほぼリスニングで点数を稼いだという感じです。

そんなわけで、とりあえず都立には応募させます。だめもとで。


| | Comments (0)

October 05, 2008

確実に太った子が増えている

4番目の娘の学校公開で5年生のクラスを見学しました。
あまり意識して観察したことがなかったのですが、日本の小学生、確実に太った子が増えていると感じました。
アメリカ人ほど肥満という感じではないにしても、お腹をゆらして走るこぶとりの男の子が結構いるなあと思いました。感覚的に私が子供の頃にはクラスに1人か2人いた感じの子が、ざっとみて5,6人はいるという気がします。
長年の食生活が今の子供の世代に出ているのか。
我が家にもコーラ大好き高校生がいますが。。。

| | Comments (2)

November 11, 2006

久々の小学校

先日、仕事の合間をぬって4号のクラスの親子昼食会というのに参加し、給食を一緒に食べて帰ってきました。その際に11月に児童センター主催のおまつりでうどん屋さんをやるので、一緒に参加しないかというお誘いをあるお母さんから受けました。で、今日が当日。
久々に学校関係のお母さんたちと話をしたりして、かなりリフレッシュしました。4号も喜んでいたし。
来年はPTA役員を絶対に引き受けないといけないのですが、今の超多忙な仕事だけで生活がおしつぶされてしまうのはよくないので、無理やりバランスを取るという意味ではいいかも、と思いました。
天気が悪かったことが幸いし、うどん屋さんは大繁盛。一杯70円で116食を完売し、参加した4人の子供達は売り上げを山分けしました。一人当たり千円ちょっとの儲けでした。ああ、物が簡単に売れて、しかも喜んでもらえるなんて素晴らしい!

| | Comments (0)

「おつかれさまです」

夜の8時ごろ、1号の高校の先生から電話。4号が電話を取りました。「1号はいませんが、お母さんならいます」と答えると、「いや、1号君に用があるのでお母さんにはかわらなくていいです」とおっしゃって電話を切ったとのこと。すかさず1号の携帯に電話をして何か心当たりがあるのか聞いたら、ホームルームをさぼってバンドの練習に行ったので、おそらくそのことだろう、てな返事です。まったく。

その後帰宅した1号に再び先生から電話。それとなく受け答えを聞いていると
「えっとですねー。あのー、3時半にですねー。芝公園の児童センターの音楽室にですねー。あのー、バンドの練習の予約を入れておりまして。ホームルームが長引くと間に合わないなと思いまして。それで早退させていただいたんですが・・・」
そのあとしばらく先生にお説教されていた模様。「はい・・・はい・・・そうですね、はい.すみませんー。はい。・・・わかりました」
まるで受け答えができそこないのサラリーマンでした。最後に
「はい、どうもー。お疲れ様でーす。失礼しまーす」。

ガチャ。

先生に向かって「おつかれさま」はないだろうと、電話を切ったあとすかざす言いました。

まー、いつの間にやらそんな受け答えをするようになったということで、多少の感慨にひたったりしたわけですが。

| | Comments (0)

December 23, 2005

通知表

子供たちの通知表。下の2人は小学生だし、まあ心配ない程度の成績でした。1号は3者面談で合計値は知らされていました。あの勉強の仕方ならこの成績でも仕方ないだろうし、志望校ももう決めたから何も言うことはありません。問題は2号です。英語が4でした。中間・期末とも試験は90点以上でしたが、コミュニケーションへの関心・態度がBで4。授業でできるだけ目立たないようにもしていたのでしょうか。そういう帰国生の気持ちをわざと無視するのは、きっと教育的意図があってのことなんでしょうな。同時に2号にも非常に腹が立ちました。まあ、いいんだけど。中学1年生の英語の通信簿なんて、長い人生では全く意味をもたないものだし。

| | Comments (2)

November 19, 2005

学芸会

3号と4号の学芸会がありました。完成度の高い日本の学校の学芸会。4号は、他の人の台詞も全部覚え、毎日はりきって通しで練習していました。準備期間は大体1ヶ月ぐらいだったように思いますが、この1ヶ月で日本語の表現力が格段に進歩した気がします。学芸会っていうのは色んな側面がある大事なカリキュラムのひとつだなーと思いました。

| | Comments (0)

October 15, 2005

ふがー

1号はレベルを下げて一般受験をするのだそうです。まあ、本人がそういうならそれもいいんじゃない。私が入れた帰国生の塾は本人としては期待はずれだったそうで、「あれならあんなに高いお金を払わなくても自分でできる」とのこと。ほんとかなあ。
勝手に別の塾の資料を取り寄せ、体験入学にも行ってきました。あと2,3回行って決めるんだそうです。「忙しいから対応できないよ。自分で判断してママはお金を払えばいいというところまで、自分で進めてよ」と言ったら、「はいはい、わかってる」と言っておりました。

ということで、帰国生の塾は退会。

「勉強してもしなくてもママ(私)には関係ない。大人になって自分で仕事を見つけて、働いて食べていけるようになるんだったら、学校なんてどこだっていい。ただママは○○大学に行けたことで、結局は今の仕事にありついていると思ってはいるけどね、でもそれだって全然別の仕事をするんだったら全く関係のない話・・・」と言いました。

韓国語で言うところの「生活力」を身に着けてほしいと、常々思ってはいます。センファルリョグっていうのかな。日本語で意味するところの経済力とは違った文字通り、生きていく力っていう意味みたいなのですが。

博士になっても就職がない時代、会社はいつつぶれるかわからない、偏差値を基準にした価値観って相当に古いものになっている気がします。

自分はそれで生きてきちゃってるから、多少の不安はあるんですね、それでも。それにどうせ大学に入るんだったら、「うちの図書館は予算がありません」とか言ってデータベースとかEジャーナルとかろくに買えないような所には行ってもらいたくないよ・・・と、自分の仕事とからめて思ってしまいます。

あ、でも今は高校の話でした。

| | Comments (4)

名前の順序

女の子が男の子を「さいとう」「かんの」と呼び捨てにするので、4号はそれが彼らのファーストネームなんだと、ずっと思い込んでいたそうです。今日、英語の授業(公立小学校で月に1度ぐらいやっているらしい)で、名前をさかさまにして書いたネームタグを見て、はじめてそれらが苗字だったのだとわかったとか。

| | Comments (0)

September 07, 2005

持ち物あれこれ

ここは日本なので、郷に入りては・・・で文句を言うつもりはありませんが。

やっぱ違和感あるなあ。

中学校の水着。規定のものじゃないと入っちゃいけないので、あちこちお店を探しましたが季節外れのためスクール水着はすべて売り切れ。ようやくネットでそれらしきものを探しましたが、手元に届くまでは子供たちは見学。見学するかわりにレポート提出を義務付けられているそうです。

本人は「これがルールだから当然」って言ってますので、あれこれ言うつもりはありません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 02, 2005

卒業式

graduation
とりあえず卒業したらしいです。
しかし最終成績は今週水曜日までわかりません。したがって、あまり手放しでは喜べない状態。
学部と全体の卒業式で昨日は1日つぶれ、子ども達はくたくだでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧