April 25, 2009

アイドル逮捕に思ったこと

いろいろなブログで言及されていますが、私も彼はアルコール依存症だと思います。
依存症の一歩手前というような段階ではなく、完全に後戻りできないところまで来ているのではないかと思っています。
一人で飲みにいったということ(交際ではなく飲酒が目的)、会見で飲み方はいろいろある
(一杯で終わることもある)と説明し、聞き手にこれ以上の不安感を与えまいとしていたこと、その他の問題行動(久里浜式アルコール症スクリーニングテストにあてはまるような)を総合的にみると、少なくとも私は「ああ、これはもう断酒以外に道はないな」思います。
本人が自覚するところまでいっておらず、努力次第で飲酒をコントロールできると信じているようなので、確実に、将来似たような問題が繰り返されるでしょう。公になるかならないかは別として。彼をとりまく人々はもうちょっとアルコール依存症について学ぶべきだと思うし、本人より周りが大変だなあと思います。

| | Comments (0)

April 04, 2009

大学の入学式

1号の大学の入学式がありました。

卒業して以来、入学式が行われたキャンパスには足を運んでいなかった(どうもそうらしい)ので、あまりの変貌ぶりにびっくりしました。歩道橋が消えており、駅が立派になって道路が狭くなっていた。
駅の付近はちょうど花火大会のような大混雑ぶりで、でも交通整理をするスタッフには限りがあり、ちょっと間違うとドミノ倒しの大惨事になるんじゃないかという混み具合。横断歩道を渡るのに2回信号待ちをしなくてはいけませんでした。横断歩道を渡りおえたころには白足袋が汚れていました(涙)。

新入生は全部で約6000人。息子の法学部は1200人でそのうち約500人が一般受験での入学者とのことでした。
保護者は会場に入れないので、付属高校の体育館でモニター中継での参列となりました。
私のときは確か親も同じ会場にいたような記憶もありますが、定かではありません。

このキャンパスで入学式を行うのは今年が最後で、来年は横浜アリーナになるのだとか。

保護者席でも校歌斉唱のときには結構歌っている人がいました。この学校のスノッブさが私はずっと好きになれませんでしたが、アメリカの花火大会で高揚しちゃうのと一緒で、こうした改まった場所で名曲の校歌を聞くと自然と自分も歌ってしまっています。年をとった証拠でしょうね。

当初母校の前でいっしょに写真を撮ろうと思ったのですが、本人がまず一緒に出かけるのを嫌がり、昨日知り合った友達と一緒にいく!と言うので自宅前での撮影となりました。本人が憮然としているのがわかります。自分もそうだったなー。親が苦労して学費を出してくれていたなんて考えもしなかった傍若無人なワカモノでした。まあ、1号は考えているとは思うけど。でもその先に思い至るってことは難しいのですわな。なので、人のことは言えません。

でも今回のことでわかったことがあります。私の卒業式のとき、父がついてきたのですが、私はそれが厭でたまりませんでした。その前の日に母とおおげんかをして、袴一式を用意してもらえなかったというのも理由のひとつ。親なんかくるな!と思っていたんだと思います。道中も電車の中は別々にすわり、まったく口をきかず、会場についたら親とは別行動なので、それっきり帰宅するまで顔を見ませんでした。

あんな非情な態度で悪かったなーと思いながら、今回の入学式に出てみたら、親は親であまりそんなこと気にもとめないんですね。学長や学部長の含蓄のあるスピーチを、この年になったからこそいろいろな思いで拝聴することができるし、別のところに関心がいってしまっていて、あまり子供の事は考えませんでした。
父もそうだったんだろうと思います。

しかしアメリカに持っていったつけ下げといい、小紋といい、この色無地といい、母が娘に作ってくれたものは一様にピンク!いつまでこのままで着られるでしょうか。

Apr2009
Apr20092

| | Comments (3)

March 19, 2009

ネットスーパー利用してみた

過去に何度も東都生協や都民生協に登録し、挫折してきた私です。注文した品が翌週に届くために計画が立てられないというのが主な原因。
先週ネットスーパーのことを聞き、さっそく登録・注文してみました。
私の地域は7000円以上買い物をすると配送が無料になります。
残念ながら我が家で愛用している猫砂と猫のえさはありませんでしたが、それでも重い買い物袋を抱えての帰宅からは解放される見通し。
配達もその日のうちか、余裕をみても翌日には届けてくれるし。
何を買ったか記録が残って家計簿がわりにも使えそう。

これは便利です。

| | Comments (0)

February 28, 2009

全額払い込みました

さんざん悩んだ末に私の母校の大学に行くことに決めました。

そもそも受験するつもりはなく、大学祭なども見に行かなかったため「イメージわかない」と言っていたのですが、周囲の人々はほぼ100%こちらが良いというし、第一志望の大学もなにがどうでも「ここ!」と思っていたわけでもなく、さらに「これが勉強したい」という確固とした目標があるわけでもない、ごくごく平凡な高校生なので、最終的には多数派の意見に同意したという感じ。
全部で8つの試験(センター入試も含め、4大学8学部)を受けたのですが、発表待ちはあと2つ。残りは全部受かっています。こんな人もいるんだなーと他人事のように感心してます。

ひとつはやっぱり日本の難関私立大学の文系学部は英語が得意な人に極端に有利だということです。
地頭がいい悪いはあまり関係ない。1号も帰国後、英語の貯金をただ食いつぶしていたわけではなく、それなりに受験英語には真剣に取り組んだようですが、それでも最初の土台がしっかりしているので、他の人に比べるとかなり楽だったようです。その分、日本史の重箱の隅をつつくような悪問対策もできたってことなのでしょう。

というわけで、1号関連の件はそろそろ落ち着きますが、これから4号の中学受験をどうするか、という問題を考えないといけません。あまり暇そうに携帯ばかりいじっているので、近所の進学塾に入れたはいいけど、親も子もいまだにモチベーションあがらず。。。


| | Comments (3)

February 21, 2009

大雪で陸の孤島に一泊、一方受験はおおづめ

金曜日は帯広に日帰りの予定で出張でしたが、大雪で飛行機が飛ばず帰れなくなりました。
まさに陸の孤島に閉じ込められた感じ。その間に1号からの携帯メールに合格の連絡あり。私の母校で、学部は法学部ですーーpass。よかったよかった。今日速達で書類が届きました。うーむ、懐かしい。なんか自分が大学に入ったのがつい昨日のことのような気がするなあ。外国語の選択が増えたなあとか、いろいろ感心している私でした。

実は明日が元々の本命大学の発表日なのですが、塾の先生には↑ここに行けと言われていて、まだ迷っているそうです。いっそのこと明日の大学が落ちていれば話は簡単なのですが。

| | Comments (8)

February 17, 2009

受験、ようやく半分おわり

1号の受験はようやく半分がおわり、まだ3つ残っています。
日曜日に受けた「一応第一志望」の大学は、受験生の雰囲気があきらかに他大学と違っていたそうです。
「なんかさあ、アラフォーみたいな人がいっぱいいるんだよ。みるからに***んま東みたいなオジサンとか」
へー。それのどこが悪い?アメリカの大学なんてそんなの普通じゃない、というと
「悪いとはいってないけどぉ・・・」 同世代の受験生もGeekっぽい気のあわなそーなひとが多かった・・・・とのこと。ふーん。学部にもよるんでしょうね。
昨日はもう一つの私大でした。駅前にいきなりいちょう並木のあるキャンパス。受験生の層はいたって普通だったとのことで、日曜日の大学の特殊性が浮き彫りに。試験は今まで受けた中で一番てごたえがあったそうです。

あー、早く終わってほしい。そういえば今日はすべりどめとして出したセンター入試の発表です。


| | Comments (0)

February 14, 2009

とりあえず浪人はしなくてよくなりました

一般試験の最初の発表が本日10時にありました。セカンドチョイスの四谷のカトリック私大。本人はまったく自信がなかったので、「もうキャンパスいかないで携帯でみるわ」と言っていました。
10時少しすぎに部屋のドアがあいてリビングに飛び込んできました。
携帯をもんどころのように差出し「受かった!」
なにはともあれ、ひとつ確保できてよかったです。
明日が第一志望の試験なのですが、むちゃくちゃここに行きたいというわけでもなく、合格した方の大学にも十分魅力を感じているので、気楽に受けられるでしょう。
とりあえず一安心。

| | Comments (9)

February 11, 2009

受験シーズンです

1号の受験が本格的にスタートし、すでに一般試験は2つ終了してます。今のところ微妙な感触らしい・・・

塾の先生には前日に「がんばってくれ」と言われたとか。「がんばれ」じゃなくて「がんばってくれ」というのは、この塾は主に高校受験をメインにしており、大学進学では実績がさほどないからです。よくわからないけど。
有名大学にひとつでも多く合格がでると、次年度の入塾者アップにつながるということらしい。

ってことで、半分塾の思惑もあり、合計4大学7学部の受験料に26万円も払ったわけです。

どうなることやら・・・

| | Comments (3)

February 05, 2009

2.26事件のとき・・・

教会に88歳のおばあさんがいます。森光子ばりにきれいで元気なおばあさんです。
先日、私の働いている場所の話になりました。

「まあ、あなた○○で働いているの!? わたくし、女学校のときによくいったわ。学校が近かったのよ」
へえ、そうなんですかと相槌をうつ私。

「あなた・・・2.26事件のときは・・・いないわよねえ?」

ええええ? に、にーにーろく事件?

「**さん、わたし、東京オリンピックより後の生まれですよ」
というと、たいそうびっくりされていました。

「まあ、そうなの? それはおみそれしました・・・」
「2.26事件のときね、学校で大騒ぎになって、とにかく早く帰りなさいって帰らされたのよ。子供だったから何が起きたのかわからなかったけど、でもこわかったわ・・・」
てな、お話をされていました。

すごいなあ。。2.26事件が歴史のひとコマではなく思い出話として語れるとは。

| | Comments (2)

September 22, 2008

なぜ束大出身者は自分の出身校をフルネームでよぶか

今日は代理店の営業の方といっしょに、某大学の研究室アポなし訪問をしました。
彼女が事前に訪問してくれた先生で、反応の良かった先生を再度訪問するという試み。
普段、やったことのない営業スタイルでどきどきしましたが、代理店のネームバリューってこういうときに役立つんですね。「○○です」といって入っていくと、誰もやな顔をしない。私のようなちょっと聞くとどこのウマの骨ともわからない会社だと、「うちは実はこれこれこういうことをやってまして?え?はい、あの○○です。ご存知ですか?そうなんです。それってうちの製品なんです。ところで・・・」という前置きが長くなり、それが生産性のない訪問につながるので、アポなしはやったことがありませんでした。

で、代理店の営業さん、実は私と組んでいる担当者の都合が悪く、代理でお願いした人でしたが、とても積極的でいい感じでした。
よくよく聞くと入社1年目とか。えええ、とてもそうは思えません、今まで一緒にお仕事した中で一番素晴らしいぐらいです、とほめまくりました。

出身大学の話になり、「大学は東京なんですか?」「はい、大学から東京に住んでいます」「どちらですか?」「えっと・・・」しばらく沈黙の末に
「束京大学です。」(最初の文字は一本棒を中に追加してよんでください)。
なるほど、若いのにただものじゃないと思いましたよ、と言ってさらに話がはずんだのですが、束大出身者は必ず自分の出身校をフルネームでいいます。それはなぜかと聞きますと「だって・・・なんというか、はずかしいんですよ。その後の反応が、どういう反応が返ってくるかと思うと」

そういうものなのでしょうか。なるほどねえ。
しかし、やっぱり元気なのは女性。なんでだろ。

| | Comments (0)