March 17, 2009

3/6-3/11 Costa Rica

中米のコスタリカに母と行ってきました。Liberiaという地方都市のリゾートに4日間滞在。前後の移動が約3日。
遠かったけど、一生に一度の経験をしました。
Costarica

| | Comments (0)

January 09, 2009

アメリカに来ています

今年もどうぞよろしくお願いします。

今週末から会社の会議でフロリダに行きますが、その前に「里帰り」ということで昔住んでいた町に来ています。
大学図書館員の友人宅に泊まっていますが、昨日おもしろい話を聞きました。
以前からメディアの紹介などで「あー同じ大学の同じ学部だ」と思っていた米国人演歌歌手のじぇろさん。
私は大学院で彼は学部だったのですが、専攻は同じで私がいた2004年当時、在籍していたんだそうです。
どこかですれちがっていたかも・・・
でも日本人コミュニティとはまったく無縁の人だったんだね・・・あんなに演歌が上手なら日本語補習校とか、いろんな場所で交流の機会ももてたでしょうに。

図書館員の友人はワシントンポストで彼の記事を読み、先日の凱旋里帰りコンサートもファカルティの間で話題になっていたといってました。

| | Comments (0)

August 23, 2008

行ってきました

11日から今日までブダペスト、パリ、ウィーンの旅行を楽しみました。
非常にリフレッシュした11日間でしたーーー。

行程としては、
1 アムステルダム経由でブダペスト
2 元クラスメートの友人宅に1泊
3 友人とパリに3泊
4 ブダペストに戻り2泊 友人の実家とブダペスト郊外にそれぞれ小旅行
5 友人とウィーンに列車で日帰り
6 ブダペストのNational Holidayでドナウ川花火を楽しむ

Judityoko4_2
Judityoko_2

パリで日中着物というのはさすがに場違いな感じがしました(うーん、やっぱり明るい街中にはそぐわない感じ)ので、夕方になってから日本食レストラン界隈に出かけました。
小雨が降り出してきて、メトロに乗る?と申し出たのですが、友人が「あなたはこのパリの街に着物を見せにきたんでしょ。歩かなくちゃ意味がない」ということでてくてく歩いていくことになりました。
お寿司が思いがけなくおいしく、支払いをすませてから表のメニューをみたら、北野武のスナップ写真がはってありました。もう一枚、フランスの超有名な俳優の写真もあった(友人いわく)のですが、私は知らない人でした。
基本的には歩きどおしのつましい旅行だったんですが、ハンガリー人の普段の生活の様子も含めて十分に堪能しました。

| | Comments (2)

July 05, 2008

夏休み旅行計画進行中

ブダペスト-パリのチケットも2人分予約し、ホテルも確保して着々と準備はすすんでいます。
今回は友人と2人で貧乏旅行すれすれになりそうですが、彼女はお金がない優雅な暮らしを地でゆく人なので、どんなことになるか楽しみです。

当初、パリは彼女の友人(アメリカ人男性)が案内してくれることになっていましたが、どうも雲行きがあやしくなってきました。その男性の奥さん(イタリア人)が一緒にいくのを嫌がっているとかいないとか・・・
私の友人は非常にきさくで男性の友人が山ほどおり、彼もその中の一人でアメリカ時代はルームメイトでもあったそうなんですが、まあ普通に考えたらいやですよねえ。なんで自分の夫が見知らぬ女性2人(しかも一人は極東アジアの国からくるっていうし)の案内役を買ってでなければいけないのか。私がその奥さんでもそう思います。

というわけで、パリはフランス語のできない2人でサバイブする予定なのですが、彼女いわく「彼が今回の旅行に関して一番興奮しています。彼自身が行くかどうかもわからないのに、です。パリで見るべきところは全部彼が計画してくれています」とのこと。

いずれにしても楽しみです。

| | Comments (0)

May 27, 2008

パリ、ウィーン、ブダペスト!

1ヶ月ほど前、アメリカ大学院時代のクラスメートで、今は母国ハンガリーにいる友人から、東京でハンガリーの人気ジャズ歌手のライブがあるから、是非行くようにというメールをもらいました。が、時既に遅しで、私がそのメールを受け取ったのはライブの翌日でした。時差の関係でどうもそうなってしまったらしい。

そんなことから、彼女と久々に近況を報告しあったりしていたのですが、私が思いつきでこの夏は一人でブダペストに行ってみようかなあと口走ったところ、あれよあれよという間に計画が進み、彼女が住んでいるブダペストのほかに、パリとウィーンにも足をのばすことに。。リヨン在住でイタリア人女性と結婚している彼女の友人が、パリのガイド役も買ってでてくれ、「私たちはとても心強いフランス語を話すガイドを確保できそうです」という報告が。

外国というと仕事がらみでガサツなアメリカ・・・しかなく、それはそれで自分に合っているのですが、今回は20年ぶりのヨーロッパです。しかも3カ国とも初体験なので、非常にわくわくしてきました。
何事もありませんように・・・・!!!

ちょっとはフランス語も覚えて行こうかな。着物はぜったいに持っていくつもりです(^^)そしてパリのかふぇえで優雅におしゃべりします(暑いかもしれないけど)・・・・

| | Comments (3)

August 21, 2006

夏休み。渡米4

結果的には大変リフレッシュできる旅行(というかホームステイ)でした。初心に戻ってまた頑張ろうという気持ちになれましたし、子供達の英会話能力が短い滞在でかなり回復するのを確認できたのもよかったです。(日本で毎日ディズニーチャンネル漬けというのは、英語をキープする上で効果的です。教育的にどうかは別として)。
とにかく色んな人に再会してしゃべり倒した1週間でした。以下、備忘録としてのまとめ。

| | Comments (0)

August 12, 2006

夏休み。渡米3

というわけで、成田空港の搭乗ゲートに前のベンチに座っています。液体関係は一切機内持込不可なので、すっぴんに眼鏡+口紅のみで出かけてきました。16:30のフライトなのですが、3時間前にはチェックインし、係員の指示に従って買い物もそこそこにさっさと出国審査をすませました。あと1時間半ぐらい待たないといけません。
お盆休み前のウィークエンドなので、当然のことながら空港は混雑しています。

空港内の本屋さんで「図書館戦争」(有川浩)という本が平積みになっており、タイトルにひかれてお土産に買ってしまいました。「本の雑誌2006年上半期エンターテインメント」1位になっているそうです。私の守備範囲にはないタイプの本ですが、行きの機内で読んでみることにします。

そうこうしているうちに、空模様があやしくなりはじめ、飛行場にゴロゴロという稲妻の音と稲光が。。。
ちゃんと飛べるのか。

| | Comments (0)

夏休み。渡米2

子供たちが発って1週間たちました。当初時差ぼけがひどかったらしいですが、一応サマーキャンプ(日帰り・陶芸教室)には通えている模様。Skypeで電話したら「小さいポットつくった」と4号。4号は元クラスメイトとその家族とで動物園にも行ったらしいです。
私も明日の飛行機で発ちます。ロンドンのテロ未遂の影響で空港には早めに行かないといけません。液体すべてが機内持ち込み禁止というのはなかなか大変です。
下の2人がいないことをいいことに、今日は会社の人の送別会で0時近くまでカラオケをやってしまいました。神保町から自宅まで首都高を使ってタクシーでもどったら30分かかりませんでした。東京ってせまい。。。
タクシー代が6000円近くかかってしまったのは痛かったです。

| | Comments (0)

August 08, 2006

夏休み。渡米

先週の土曜日、下の2人は無事に中部国際空港から飛び立ちました。2人を連れていってくださることになった以前のお隣一家と空港で1年ぶりの再会。軽く食事をして見送ったあと、名古屋在住の友人に会い、夕方東京に戻りました。
日曜日の夕方無事着いたとのメール。とりあえずよかったです。あとは金曜日までできるだけ迷惑にならないようにやってくれると良いのですが。。。
今頃、サマーキャンプの第一日目に参加しているはずです。陶芸の教室に申し込みましたが、ちゃんとエントリーされているんだろうなあ(いまいち心配)。

金曜日の午後に私の元・同僚が2人を彼女の家に連れて行ってくださる予定。私は土曜日の午後に彼女の家に行きます。

| | Comments (0)