« 後ろ姿 | Main | 袷の季節になりました »

October 06, 2009

大学院の講義・TOEIC結果

ひょんなことから某大学院で授業を受け持つことになり、月曜日が初日でした。
後期1単位の授業で8回なので、多少気は楽です。

この大学の院はオフィシャルな履修届というものがないようで、当日まで一体何人受講するのか皆目見当もつきませんでした。
「10人はいないと思っていてください」とは言われていましたが。

ふたをあけてみると、10名のうち2名は日本語をほとんど全く介さない留学生でした。シラバスの私の授業のところに※印で「場合によっては英語で行われる授業」と書いてあり少々不安に思っていたのですが、その不安が的中したわけです。

先生によっては全く無視して日本語で授業を進める人もいるそうなのですが、とりあえず英語で始めました。英語で説明して日本語で補足するやり方の方が全員の理解が進むと思ったので・・・・院生はみな私が話す程度の英語を聞く分には全く問題ないようです。開発学などが専門の人々なので色々な国の留学生の英語にも慣れているようです。

初日はガイダンスみたいな内容で終わろうと思ったのに、結局90分目一杯使ってしまいました。

さてこの日、先日受験した私のTOEICの結果がネットで発表になりました。
前回のスコアから15点上がり920点でした。

リスニング:465(前回) -->470
リーディング:440(前回) -->450
合計905(前回)-->920

うーむ。このレベルになると如実に今の実力が点数に反映されます。
つまり、今の自分のレベルでは970どころか、930点台も難しいということです。このレベルの語彙力がまだまだないんですね。仕事でごまかして使うことはできても、ばりばり使うレベルにはほど遠い。
リスニングもたいして伸びてないなあ。

英語は嫌いではないのでがんばります。また2年後ぐらいに受験してみようと思います。

|

« 後ろ姿 | Main | 袷の季節になりました »

Comments

logicaさん

がんばってくださいねー♪。どうなんでしょうね。対策を立てると伸びると言いますが。実際、私は長文対策は結構やったのでそのパターンの問題はかなりできました。
逆にリスニングで90%とれないセクションがありました。

でもここまでくると、点数ありきじゃなく、今の素の実力が客観的にみたらどうかを見るのに使うって感じでしょうかねー。

大学院の授業はそうです。情報検索みたいな授業です。
どうなることやら・・・おそろしいです。

Posted by: Yoko | October 13, 2009 at 08:07 AM

TOEICお疲れ様でした。
私も3年ぶりくらいに、今月受験しに行きます。
前回が910点くらいで、その後ビジネスの実践で使うように
なったのですが、果たしてスコアはどうなるのか…(苦笑)。
私もできれば900点台の後半を取ってみたいです。
900点を越えると、その後をのばすのが、割と大変なんですかね。
大学院の講義は、アメリカで修了された専門分野の授業ですか?
大変だと思いますが、頑張ってください!

Posted by: logica | October 12, 2009 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 後ろ姿 | Main | 袷の季節になりました »