« 岩波ホールで「嗚呼 満蒙開拓団」を見ました | Main | MixiとfacebookとココログとTwitter »

June 29, 2009

お茶のお稽古&びっくりしたこと

某着物関係の掲示板でお茶をやってみたいと書き込んだのがきっかけで、月に一度やっているお稽古に入れていただくことになりました。昨日の日曜日、見学も兼ねて参加しました。
表千家の先生なので、中学時代にやっていたお稽古の記憶が徐々に徐々に思い出されてきました。やっぱり頭がやわらかいうちにやったことって覚えているものなのですね。でも先生がおっしゃった通り、子供は覚えは早いが精神面が追い付かないし、大人はその逆。いろいろ人生経験をまがりなりにも積んで、教養も30年前よりはちょっとはあるので、全く違った感性で楽しむことができました。

昨日の収穫はそれだけではない。

昨日は土曜日に比べて若干涼しかったので今期最後の単衣の江戸小紋を着ていったのです。実は今年袖を通すのはこれが初めて。約3年前に閉店するながもち屋かどこかで衝動買いしたものだったのですが、色が地味目と言われつづけ(周囲のお年寄りに)、居敷あてもないのでなんとなく着る機会が減っていました。
ちなみにこれは一種類のパターンではなく、色々なパターンを組み合わせている「きりばめ模様」と呼ばれるものということは知っていました。

ところが!

メンバーの一人の方が江戸小紋フリークな方で、この切嵌め模様のパターンを見て意外なことを発見。
ただの模様と思っていたそれぞれのパターンが細かい十二支の漢字でできているのです。わかりますか?
丑、酉、子、申、午など・・・・・
なんと。そんなからくりがあったとは。すごーい。どうもありがとう!!!

一気にお気に入りの着物に格上げされてしまいました。

Kimono
Kanji


|

« 岩波ホールで「嗚呼 満蒙開拓団」を見ました | Main | MixiとfacebookとココログとTwitter »

Comments

logicaさん
こんにちは!いらっしゃいませ。
そうですか。お祖母様が表千家の先生なのですね。
身近に専門家がいると逆にききずらいっていうのありますね。
私も夫の母が書道の先生だけど、いまさら習いたいとは言い出せないなあ。
お茶はゆるゆるとつづけていくには楽しそうです。

Posted by: Yoko | July 15, 2009 at 08:49 AM

初めてブログ拝見しました~。
某倶楽部の江戸小紋の投稿を見て(笑)。
江戸小紋って、奥が深いんですねえー。

お茶のお稽古、頑張って下さい。
私は祖母が表千家のお茶の先生をずっとしていたのだけど、
紺屋の白袴じゃないですが、私はお稽古してもらったことは
一度も無いんです。今は着付けレッスンに通うので精一杯。
いずれお茶でもやりたくなるのかなあ…?

Posted by: logica | July 14, 2009 at 09:15 AM

わにすけさん。こんにちはー(o^-^o)
本当に今まで気持ち的にないがしろにしていたのが申し訳なかったです>着物。
どうもありがとうございます。
お茶のお稽古、とりあえず袱紗捌きとか立ったり座ったり、歩いたり、の自主練をやってます。
美しく立ち上がるのが至難の業ですね・・・太ももの筋肉が鍛えられていないからどうしても前のめりになる・・・

これからどうぞよろしくお願いします。

Posted by: Yoko | July 11, 2009 at 07:19 PM

どもです、掲示板から飛んできました(^^)
こちらでははじめましてのわにすけです。
とっても素敵でした〜>十二支のきりばめ江戸小紋
よだれが出そうでした(こらこら
お役に立ててよかったです。

私も、すごく久しぶりでお茶のお稽古を再開したところです。これからもどうぞよろしくお願いしますね!

Posted by: わにすけ | July 11, 2009 at 06:26 PM

そーなんです。月に1度なので細く長くゆるゆると続けようかと思ってるんですが・・・

Posted by: Yoko | June 29, 2009 at 09:32 PM

あっ!ついに始めたんですね!(先を越された!(≧m≦)
私はやるやるっていっててまだですわ。
やっぱり始めないとねー。

Posted by: れいこな | June 29, 2009 at 08:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 岩波ホールで「嗚呼 満蒙開拓団」を見ました | Main | MixiとfacebookとココログとTwitter »