« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

June 29, 2009

お茶のお稽古&びっくりしたこと

某着物関係の掲示板でお茶をやってみたいと書き込んだのがきっかけで、月に一度やっているお稽古に入れていただくことになりました。昨日の日曜日、見学も兼ねて参加しました。
表千家の先生なので、中学時代にやっていたお稽古の記憶が徐々に徐々に思い出されてきました。やっぱり頭がやわらかいうちにやったことって覚えているものなのですね。でも先生がおっしゃった通り、子供は覚えは早いが精神面が追い付かないし、大人はその逆。いろいろ人生経験をまがりなりにも積んで、教養も30年前よりはちょっとはあるので、全く違った感性で楽しむことができました。

昨日の収穫はそれだけではない。

昨日は土曜日に比べて若干涼しかったので今期最後の単衣の江戸小紋を着ていったのです。実は今年袖を通すのはこれが初めて。約3年前に閉店するながもち屋かどこかで衝動買いしたものだったのですが、色が地味目と言われつづけ(周囲のお年寄りに)、居敷あてもないのでなんとなく着る機会が減っていました。
ちなみにこれは一種類のパターンではなく、色々なパターンを組み合わせている「きりばめ模様」と呼ばれるものということは知っていました。

ところが!

メンバーの一人の方が江戸小紋フリークな方で、この切嵌め模様のパターンを見て意外なことを発見。
ただの模様と思っていたそれぞれのパターンが細かい十二支の漢字でできているのです。わかりますか?
丑、酉、子、申、午など・・・・・
なんと。そんなからくりがあったとは。すごーい。どうもありがとう!!!

一気にお気に入りの着物に格上げされてしまいました。

Kimono
Kanji


| | Comments (6)

June 21, 2009

岩波ホールで「嗚呼 満蒙開拓団」を見ました

宮尾登美子の「朱夏」という小説に触発されて、同僚と見に行きました。
「朱夏」は宮尾登美子の自伝的な小説4部作のひとつで、1945年の初めごろに満州に渡り、まもなく敗戦、地獄のような難民生活を送って奇跡的に親子3人帰国するという話です。
「嗚呼 満蒙開拓団」はまさにその小説を地で行くドキュメンタリーで、当時子供だった人々の様々な過酷な体験談や、現地への旅行を通じて、あの時代にどういう訳であんな狂った政策が行われ、多くの人がそれを信じて最後には悲劇を迎えたのか、淡々と描いています。
極限の中で、手拭いで自分の子供の首をしめて殺したり、中国人にあずけたり、川に突き落したというエピソードもありました。川に突き落された子供は奇跡的に助かり、そのお兄さんが語ることには「お母さんを一生許さない」と今でも恨んでいるということでした。

今までも教会のお年寄りとか、身近な人々に満州の体験を伺ったことはありましたが、どこか遠い過去の自分には関係のない昔話という風にとらえていたふしがあります。そのおばあさんはもう10年以上前に亡くなってしまったので、もっと身を入れて聞けばよかったと後悔しています。

映画の中で使われていたサティの「貧者のための祈り」という曲がすばらしかったです。

| | Comments (0)

June 17, 2009

営業というお仕事

今の会社は年に何度かいろいろな形でトレーニングがあります。2日とか3日とか、会議室に閉じ込められて朝から晩まで研修を受けます。「このクソ忙しいのに、もう!」と思うし、3回に2回はガイジンのトレーナーだったりするので、夕方には思考停止状態に陥ってしまったり、なかなか大変です。
今週は月曜日と火曜日、ロンドンからトレーナーが来日、びっしり営業スキルの研修でした。彼は北京で同じプログラムをやり、東京が終わった後インドに発ちました。

出る前はいやだなーと思っていましたが、ふたを開けたら大変ためになる内容でした。
営業というとパンフレットもって「こんにちはー」と入っていって冷たくあしらわれるとか、ノルマ達成のための押し売り、なんていうイメージもあるんですけど、コンプレックス・セールスってほんとに奥が深いんです。
こんなにクリエイティブな仕事もないのでは?と思うぐらい頭を使います。仮説をたてる、人間観察をする、ひょうたんから駒の発想をする、などなど・・・書いていくときりがありませんが、本当に実践できていることって少ないなあと思うこのごろ。理想の営業マンというのは、理論的に思考できて、バランス感覚があり、観察眼があり、情報のアンテナも常にはっていて、お客さんに感謝される、さらにプライドが高くない、アホなふりもできる。これが理想かなあと思います。


| | Comments (0)

June 12, 2009

仙台・イベント@東京・札幌

フィラデルフィアの本社から人が来て、今週は客先訪問+イベントで忙しかった・・・
水曜日のイベント終了後に打ち上げを9時までやって、営業部隊3名は全員オフィスに逆戻り。
夜中近くまでそれぞれの訪問準備をして、同じ方向の同僚とタクシーで帰宅。翌朝5時起きで羽田に行き、朝の10時半には札幌でお客さんとミーティングしていました。
今週はつかれたなあ・・・
本社の彼が来るたび、いつも自分の英語が上達した錯覚に陥るんですが、彼はもと中学だか高校の先生をしていた人なので、わかりやすい語句を選んで外国人に話すのが上手なんですね。本人は奥さんとおしゃべりするときはまーったく違う話し方をするよ、と言っていました。Facebookでお友達になり、日本での彼のプライベート活動および本社の同僚たちとの人間関係が手にとるようにわかりました。
会社の同僚とSNSで友達になるのはこれが初めて(国内外あわせて)なのですけど、あんまり輪を広げないようにしよう。

| | Comments (0)

June 08, 2009

BABY BABY BABY!見たけど

4号が見たいというので渋谷のTOEIに見に行きました。
4号は面白かった!と満足してましたが、小学生向けのコメディって感じだったなあ。

大体、主人公が妊娠発覚してあっさり職場をやめるという設定におどろいた。やめてもいいけど、そこから先のリアリティがなく、のめりこめませんでした。コミカルな映画にリアリティを追求するのが間違っているのでどうでもいいのですが、でもこんな映画を作ろうと思った理由は、世の中のホットなトピックが少子化だからでしょう。多くの人が興味をもつテーマだから当たると思ったわけでしょう。私もそのうちの一人ですし。だとしたら「仕事より大事なもの=コドモ」「赤ちゃんて産んでみるとかわいい」というような要素ばかり取り入れるのはどうかと思いました。

でも漫画的な娯楽映画として何も考えずにぼーっと見るにはたのしかったかな。4号も楽しんだし、よしとします。

| | Comments (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »