« ムギ畑 全国オフ | Main | 「とりあえず100日は黙って続けなさい」 »

November 24, 2008

週末はとりならべ&歌舞伎デビュー&おばさまのコメント

Reikonaさん宅での恒例のとりならべ。つつがなく終了。
とりならべについてはGoogleで検索すると出てきます。

今日は歌舞伎デビューの日でした・・・といってもいわゆる古典ではなく、江戸川乱歩の「人間豹」を下敷きにした松本幸四郎と市川染五郎の舞台です。場所は国立劇場。乱歩を歌舞伎にするアイデアは10年前から染五郎があたためていたということでしたが、昨今の理不尽な世の中と偶然にもマッチしたお話で、なかなか面白かったです。

さて、本日私は和装本模様の黒大島+先日Reikonaさんの先生経由で改造していただいた赤いつけ帯といういでたちでした。
劇場には玄人っぽい着物姿の方から青山きもの学院の修了イベント参加者まで色々な和服姿の方がいて、なかなか楽しかったし、目の保養になりました。

がっ。

休み時間がはじまって皆さんぞろぞろと出口に向かうところで、通路側に着席していた私の肩を、年配のご婦人(っていうか、オバサン)がぽんぽんとたたきます。

「きものだねー」。

はいそうですけど、と若干驚いて顔を上げとりあえず「ありがとうございます」と会釈をすると、連れのご婦人(っていうかオバサン)が
「ほんとだねー」(着物姿の人が多いねー。この人もそうだねー、というニュアンス)。
別の人が
「黒地だねー」(見たまんま・・・)

そして最後に、3人のうち誰かの声で、
「ちょっとコドモっぽいけど」

は?と思うまもなく3人組はお弁当売り場に消えていきました。


ご婦人方(っていうか、オバサンたち)は普通の洋装でした。こういうコメントって当の本人に向けられているものじゃないんですね。でなかったらそんな失礼なことを思っていても口にするはずがない。普通の状況では。歌舞伎という晴れの非日常の中、お仲間たちに「私は洋服だけど、着物についての知識がないわけじゃないのよ」ということを知らしめるためのコメントなんだろうなあ。黒大島を黒地っていってたくせにぃ。ぷんぷん!!こういう私の母ぐらいの世代が着物文化を朽ちさせたのだ、とまで思うわたし。洋服の趣味についてもいちいちコメントするんかい?ぜいぜい・・・

ま、こういう人って時々出没することは話に聞いていましたが、歌舞伎デビューの日に同時に体験したという話。
わすれよっと。


|

« ムギ畑 全国オフ | Main | 「とりあえず100日は黙って続けなさい」 »

Comments

れいこなさん Oneさん

はい、あまり普段は遭遇することのない人種でした。。。
これにめげずに精進します。

Posted by: Yoko | November 29, 2008 at 02:51 PM

ええ? 意味がよく分からないのですが、着物姿のyokoさんの肩をたたいて、直接yokoさんに上の台詞を全部言って去っていったのですか?

なんという品のない人間。世も末ですな。

Posted by: one | November 26, 2008 at 01:08 AM

着物姿と赤ちゃん連れを見かけると一言いわずにはいられない「先達」の方々ですね。おつかれさまでした。

Posted by: れいこな | November 25, 2008 at 12:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ムギ畑 全国オフ | Main | 「とりあえず100日は黙って続けなさい」 »