« 高学歴難民について語る若者2人 | Main | ムギ畑 全国オフ »

October 14, 2008

着物コーディネートレッスン

reikonaさんの着物の先生に来ていただいて、私の自宅でお稽古をつけていただきました。
先生は着物コーディネーターとして幅広く活躍されている70代の女性。
私が現在もっている着物、帯一式を畳の上に広げてお待ちしました。

まー、こんな組み合わせがあったのかと驚くほど目からうろこのコーディネートを教えてもらいました。
どうしても無難志向に陥りがちで、なんかつまんない、でも変なことはしたくないし・・・という迷いの気持ちが多少ふっきれた感じ。

普段の着付けの先生ともかなり異なるセンスで、以前見立てていただいた着物、帯、帯揚げ、帯締めのコーディネートをご覧になり「わるくはないわねえ・・・でも手をたたいて『すばらしい!』というほどでもないわ・・・」とのコメント。
ということは、結局だれがどういうコーディネートをしても良いと思う人はいるし、一定の割合で「ええ?ちょっと変」と思う人がいるということです。つまりなんでもいいわけですね。自分が好きなら。

しかし「私はろくな帯・着物をもってない」と思っていたのは思い込み。これだけ組み合わせがあるのなら、当面買い物は不要です。

|

« 高学歴難民について語る若者2人 | Main | ムギ畑 全国オフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高学歴難民について語る若者2人 | Main | ムギ畑 全国オフ »